Wonderful Item | 編集部が見つけた粋なアイテム

気分上がる、カメラグッズ。

カメラ女子コーデにプラスオン。


付属のパーテーションで仕切れば、
交換レンズなどもスマートに収納。

Acru(アクリュ)「ショルダーカメラバッグ サビカM」
「サビカ」とは、サビイロカブトムシからの造語。カブトムシの羽のように小さくても中身をしっかり守りたいという想いが込められています。革本来の表情を大切にした天然素材100%の馬革を使用し、使い込むほどに変化する色味や味わい、くったりとした柔らかい質感が魅力です。付属のパーテーションで好みのスタイルに仕切れる他、前後に一つずつある内ポケット、フイルムホルダーやペンホルダーとしても使用できる内部のゴムバンドや背面ポケットなど使い勝手の良さもGood。

Acru(アクリュ)「ショルダーカメラバッグ サビカM」
25,380円(税込) 全4色(カフェオレ・チョコ・ブルーグリーン・ブラック)
直営店・卉奏(きそう)

◆For Buy◆
http://acru.jp/
オンラインショップ又は店舗(大阪府池田市)で購入できます。


大切なカメラだから長く使いたい、
持ち歩けるカメラのメンテナンスセット。

mi-na(ミーナ)「お手入れセット」
お気に入りのカメラを長く使うには、普段からのお手入れが大切。このお手入れセットは、レンズティッシュペーパー、クロス、レンズクリーニング液、レンズ表面のホコリを吹き飛ばすブロアーなどのメンテナンスグッズが一つになりました。コンパクトなので持ち運びも便利です。表面にはやわらかいコットン素材、内側には丈夫で馴染みのいい帆布生地を使用。ボーダー柄のほか、ドット柄、ローズ柄などがあり、カメラ友だちへのプレゼントにもおすすめです。

mi-na(ミーナ)「お手入れセット」
2,980円(税込) 全5柄(写真は、ナチュラルベーシックボーダー)

◆For Buy◆
http://www.mi-na.co.jp/
オンラインショップで購入できます。


ありそうでなかった、ちょうどいいサイズ。
柔らかな革素材がカメラの形状にフィット。

ULYSSES(ユリシーズ)「レザーカメラケース クビズモ」
レンズが飛び出したカメラは収納性が悪く、おおげさな入れものになりがち。そんな悩みを解消してくれるのが、コンパクトカメラ用本革アイテムのクビズモ。すべての面に適度な厚みの緩衝材がサンドされているので、バッグの中でも外部の衝撃からカメラを守ってくれます。素材は、上質なイタリアンレザー「ナッパ」を使用、柔らかくカメラの形状にフィットします。また、開閉は内部に埋め込まれたマグネットでワンタッチなのがうれしい。

ULYSSES(ユリシーズ)「レザーカメラケース クビズモ」
15,660円(税込) 全4色(ブラウン・インクブルー・チョコレート・ブラック)

◆For Buy◆
http://ulysses.jp/ オンラインショップで購入できます。


注文を受けてから一つ一つハンドメイド。
名前やイニシャルなど打刻印も入ります。

Acru(アクリュ)「ショルダーカメラストラップ カシェ・バルジ」
肩への負担を少なくするため、太めでふくらみをつけた贅沢なつくりのカフェ・バルジ。一枚革で繋ぎめがないのでスムーズに肩をスライドします。革は腕に巻いても使いやすい柔らかさ、細さなので、レンズ部分にくるくると巻き付ければバッグに入れたときにもかさばりません。また、使い込むうちにさらに柔らかさが増して馴染んできます。カバー部分にはアルファベットや数字で打刻印を入れることもできるので、オリジナルのストラップに。

Acru(アクリュ)「ショルダーカメラストラップ カシェ・バルジ」
9,720円(税込)、クッション付き11,880円(税込)
全4色(カフェオレ・チョコ・ブルーグリーン・ブラック)
直営店・卉奏(きそう)

◆For Buy◆
http://acru.jp/
オンラインショップ又は店舗(大阪府池田市)で購入できます。

THIS ISSUE

静岡版5月号/2018.04.12発行
カメラ旅STORY

最新号紹介

デジタルブック

THIS ISSUE

愛知版4月号/2018.03.26発行
オトナchicなOutdoor with DOG。

最新号紹介

デジタルブック