Wonderful Item | 編集部が見つけた粋なアイテム

夏を彩る和のアイテム。

しっとり美しく、この夏をたのしむ。


伝統と革新が融合した花火。迫力ある美しさに感動!
花富士
線香花火に代表される伝統の技を守りつつ、たゆまず革新を積み重ねている筒井時正玩具花火製造所。新たに創りだされる花火の一つが花富士。日本人にとって象徴の代表である富士山をモチーフに、地球の躍動を伝える瞬間が表現されています。地中から吹き上げる活火山のように、炎と煙が激しく上がる迫力ある美しさで、花火の終わりには周囲に煙がたなびきます。色は富嶽百景を思わせる青と赤。2つ並べても楽しい、新しい花火です

青・赤各450円
筒井時正玩具花火製造所

◆Buy◆
http://tsutsuitokimasa.jp/
HPまたは、全国の取り扱い店舗(HP内参照)で購入できます。店舗によって取扱商品が異なりますので、詳しくは各店舗にお問合せください。


あおぐ姿そのものが上品で涼しげ。夏の風物を描いた、新シリーズ。
涼色扇子
江戸の古典柄からモダンな現代柄まで多種多様なてぬぐいや和雑貨が揃う「かまわぬ」の扇子、新シリーズ。「雨紫陽花」「朝顔」「蛍と露芝」「柳に金魚」「木立」「清流」など、日本の夏の風情を感じる風物を描いた涼やかな柄の扇子です。きめ細やかな綿生地に手捺染で染められた、繊細で鮮やかな仕上がり。別売りの麻扇子袋やてぬぐいと組み合わせて、軽やかに夏を楽しみませんか。

全8柄/2,800円(税別)
かまわぬ

◆Buy◆
http://www.kamawanu.co.jp/
通信販売カタログをお買い求めの上、メール・FAX・お電話・郵便にてご注文、またはかまわぬ直営店等購入できます。取扱店舗はHPのSHOP電話番号にてお問合せください。


蚊遣りや香立てとして活躍、シンプルモダンな線香鉢。
信楽焼の線香鉢
日本六古窯の一つに数えられる滋賀県甲賀市信楽町。この地で明治・大正時代に生産されていた日用品の火鉢を元に現代の暮らしにあわせてデザインされた線香鉢。耐火性に富む土でつくった鉢に灰を敷き詰め、火のついた線香を直置きして使います。庭先など屋外でも風にあおられないよう安定感ある形とほどよい重量感、一年を通して違和感なく置けるシンプルなデザインが特徴です。色は、和・洋どちらの空間にもなじむ「粉引」、信楽焼の伝統を感じさせる「海鼠(なまこ)」の2色。

粉引・海鼠の2色、吉野香炉灰80g入り/5,940円(税込)
中川政七商店

◆Buy◆
https://www.nakagawa-masashichi.jp/ 中川政七商店オンラインショップ、または店舗(全国の中川政七商店)にて購入できます。
※店舗によって取扱商品が異なりますので、詳しくは各店舗にお問合せください。


ほんのり虹色に輝く風鈴は、まるで夏の空に浮かぶシャボン玉。
虹色風鈴
Sghr スガハラとプロダクトデザイナーの鈴木啓太氏によって開発。2012年の発売以来、色のグラデーションや輝き、音の響きがより美しくなるように改良を重ねてきました。「視覚と聴覚の両方で風鈴の良さを感じてもらいたい」そんな思いが込められています。職人たちが吹いたガラスに特殊な加工を施すことによって虹色に輝いて見えるその儚げな姿と、風になびいて奏でる音色は、暑い夏を涼やかに感じさせてくれます。

Sサイズ/5,400円(税込) Mサイズ/6,480円(税込)
Sghr スガハラ

◆Buy◆
http://shop.sugahara.com/
オンラインショップ、またはスガハラショップ直営店(青山、芦屋他)で購入できます。

THIS ISSUE

静岡版11月号/2018.10.11発行
週末トリップで農村暮らし体験

最新号紹介

デジタルブック

THIS ISSUE

愛知版11月号/2018.10.22発行
週末トリップで農村暮らし体験

最新号紹介

デジタルブック