-愛犬の健康としつけ-Health Care & Training

愛犬のしつけどうしてる?-事例紹介03-

飼い主と愛犬がお互いに幸せに暮らすために必要なこと、それが「しつけ」です。

小林さんご夫婦 ナナちゃん & ドッグトレーナー 山形幸輔先生
もうすぐ3歳になる小林ナナちゃんは、ちょっと怖がりで人&犬見知りな女の子。


飼い主を意識しながら行動する練習

―どんな問題行動がありましたか?
小林さん夫婦「問題行動とまでは思っていなかったのですが、待てや伏せなどの動作ができない子でした。あとは散歩の際、自分のペースでどんどん歩いてしまう。犬を飼っている仲間たちと共に行動したとき、ウチの子は他の子と比べるとあまりにもマイペースで、それはやっぱり直したほうがいいと感じたんですね。ネットや本でいろいろ調べたのですが、一向に改善できなくて」。

―どんな指導をしましたか?
山形先生「ご褒美のおやつなどを使い、ナナちゃんが常に飼い主さんの方を向きながら歩く練習を、飼い主さん自ら行ってもらいました。飼い主さんとの距離を3歩、5歩、10歩と徐々に空けていき、それでもナナちゃんが常に飼い主さんを意識して歩けるようにしていったのです」。

―どう変わりましたか?
小林さん夫婦「私たちがじっとしている間は足元で待てるようになり、散歩の際はアイコンタクトしながら歩けるようになりました。伏せもできますし、ナナと気持ちを通わせている実感、楽しさを感じています」。


文・写真/村松高志


FUNNY DOG COMPANY(ファニードッグカンパニー)

浜松市を中心に出張トレーニングや専門学校講師も勤めるドッグトレーナー。DogリフレOGGiで「夜塾」を開講中。
静岡県浜松市中区元城町222-2
TEL:080-6946-7673
訓練:223312032 保管:223317404 H30.2.13~H35.2.12 責任者:山形幸輔

THIS ISSUE

静岡版12月号/2018.11.8発行
201811

最新号紹介

デジタルブック

THIS ISSUE

愛知版11月号/2018.10.22発行
週末トリップで農村暮らし体験

最新号紹介

デジタルブック