-愛犬の健康としつけ-Health Care & Training

愛犬のしつけどうしてる?-事例紹介04-

飼い主と愛犬がお互いに幸せに暮らすために必要なこと、それが「しつけ」です。

木全利枝さん チョビくん & ドッグトレーナー 鈴木登子美先生
「早くからレッスンに通っていればよかった!」と木全さん。できることを少しずつ増やすことで信頼関係も構築。


2~3歳ごろは行動に変化も。

―どんな問題行動がありましたか?
木全さん「2歳を過ぎたあたりから、急にものすごく吠えたり噛みついたりということが増えました。知らない人や犬がいる場だと、私の後ろに隠れるようにしておびえる様子もありました」

―どんな指導をしましたか?
鈴木先生「2~3歳くらいになるとテリトリーの防衛反応が働き、外を何かが横切ったり、散歩で人や犬と出会ったりすると、威嚇や怯えから吠えてしまうことがあります。クリッカーを効果的に使い、その都度飼い主さんに集中させることで、不安な気持ちをクールダウンさせてあげました。成犬になりたての年齢ではありがちなことなので、気楽に見守ってあげましょう」

―どう変わりましたか?
木全さん「テリトリーを守ろうとするのは犬の本能だと知り、私も気持ちが楽になりました。出かけるときには、私だけでなくチョビも自信がついたように見えます。レッスンを受けてよかったです」


文・写真/光田 さやか


わんわんマナースクール まると店

鈴木先生はメディアに出演多数。犬の社会性を養うことを目的に、飼い主との絆を大切にするスクールです。
愛知県名古屋市南区千竈通1-39-2 わんちゃんHOUSEほっと一息まると内
TEL:052-385-8381 無休
訓練:0614012 H18.10.16~H33.10.15 保管:240080 H25.2.1~H33.10.15 責任者:鈴木登子美

THIS ISSUE

静岡版9月号/2018.08.09発行
BEAMSスタッフをお手本に 私らしい部屋づくり。

最新号紹介

デジタルブック

THIS ISSUE

愛知版8月号/2018.07.23発行
この夏はじめたい 朝の新習慣

最新号紹介

デジタルブック