Wonderful Face|こんにちは、我が家のNEW FACE

悲しい体験をした愛犬たちだけど、
今では一緒に歩けるようになりました。

飼育放棄された多くの犬を保護している団体から、ボランティアで「預かり」をしている河田さん。

「預かりからそのまま我が家の犬になることが多いです」と笑います。そして現在はすばるくん・ラブちゃん・レンくん以外にも5匹のわんちゃんがいるのだそう。「ラブは虐待を受けて右目を負傷して見えない状態。人が怖くて最初は近くに寄れなかったですね。すばるは心臓が悪くて飼育放棄されました。仲間の協力もあって手術ができたので今は元気です」。少しずつ屋外にも慣れて一緒に歩けるようになったことが本当にうれしいと言います。

家族みんなで、迎えた犬の名前を呼んだり頻繁に撫でるなど、人間への恐怖を和らげることから始めるのだそうです。

「犬はモノじゃなくて命だから、飼うと決めたら最後まで責任を持たなくちゃ…」。そう穏やかにお話しする河田さんの最後の一言が心に響きました。『犬は人間によって変わるし、人間も犬がいるから幸せ』

(文・写真/編集部)

愛知県小牧市 河田さん

愛犬 すばるくん(マルチーズ)
ラブちゃん(ラブラドール・レトリーバー)
レンくん(トイプードル)
誕生日:不明
うちの子記念日:レンくん…2014.夏
すばるくん、ラブちゃん…2015.冬


■Wonderful Faceに登場してくれる家族大募集■

「Wonderful Face」では新しく愛犬を迎えた家族のエピソードを紹介します。

―募集要項―
対象:過去半年以内に犬を飼い始めた方
応募方法:以下内容を記入の上、メールにてご応募ください。
宛先:dog@atimes.co.jp(クリックするとメールが立ち上がります)
件名:ワンダフルフェイス応募
内容:飼い主様の住所/氏名/電話番号/愛犬の名前/愛犬の性別/愛犬の年齢
   愛犬を迎えたきっかけや簡単なエピソード(1~2文程度でかまいません)
添付:愛犬と飼い主様が一緒に写った写真

※編集部にて選考の上、採用の方には直接お電話にてご連絡いたします。


THIS ISSUE

静岡版6月号/2017.5.11発行
犬とリッチアウトドア。

最新号紹介

デジタルブック

THIS ISSUE

愛知版6月号/2017.5.22発行
犬とリッチアウトドア。

最新号紹介

デジタルブック