Wonderful Notes -犬好きのための配信コラム-

About a Writer

フラワー&フォトスタイリスト
海野 美規さん

愛犬あんとガーデニング好きの家族と過ごすひとときを、写真とともに綴ります。

フラワーアレンジメントのほか、ガーデニング、写真など広く経験を積む。 2000年静岡でサロン形式のフラワーアレンジメント教室を開き、その後フォトスタイリングと出会う。
ガーデニング誌「BISES」にて『庭摘みの花のデイリーフラワーアレンジ』連載。
http://ameblo.jp/ps-milou/

黒柴あんとスローな庭時間 Vol.02

12月に入りました。クリスマスももうすぐですね。庭にある植物で、リースやプチアレンジをしてみました。あんにとっては、ちょうど良い陽気らしく、庭で過ごす時間を元気に楽しんでいます。

マンリョウの赤い実でリースとプチアレンジ

マンリョウの木に、赤い実がたくさんなっています。マンリョウというと、和風なイメージですが、真っ赤なかわいらしいクリスマスリースが作れます。

リースの作り方

実の付いた小枝を3~4本まとめて、麻紐や細いワイヤーで絡げながら巻きつけていきます。紐は長めにしておいて、小枝を前の小枝より少しずらしながら、続けて絡げていきます。ある程度長くなったら、丸くリース状にして、最初の小枝のところと繋げてしっかり結んで出来上がりです。

アルミワイヤーをベースにして

こちらは、アルミワイヤーをベースにして作りました。 紐だけでは難しいようでしたら、芯として、アルミワイヤーを丸くして使ったり、100円ショップなどにも売っているナチュラルラタンリースを土台にするときれいに形が整います。

ガラスの小瓶に

ガラスの小瓶3つに、それぞれマンリョウ、キャットテイルを生けました。キャットテイルは、名前のとおり、猫のしっぽのようにふさふさです。庭で摘んですぐに生けます。あんも女の子ですから、花生けに興味があれば良いのにな~と思いますが、花より団子なのか、まだまだいたずら盛りのお年頃なのか、マンリョウの実をパクっとむしってしまいました。膝の上に乗せると、いつものようにウトウト。食べられない実には興味がないようです。

窓辺に

3つ並べて窓辺に飾りました。赤いマンリョウと赤いキャットテイルのプチアレンジです。


クリスマスシーズン、赤い実や花を部屋に飾るとウキウキしてきます。

(更新:2015年12月03日)


Wonderful Notesの更新情報をお届け!公式Facebookも「いいね」お願いします。

Wonderful Style 公式Facebook

ホーム

最新トピックス

編集部おすすめ

しつけ・育て方

健康・病気

グルメ・フード

グッズ・サービス

住まい

ライフスタイル

おもしろ雑学

写真・動画

学び・感動

ブログ・コラム

Wonderful Style編集部
オススメ記事

犬が人間の顔や口をなめる意味とは?

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.5

見逃していませんか?愛犬からの愛情表現

なでると犬が喜ぶ体の部分とは?

テヘペロッみたい?わんこのハナペロの意味

-PR-
WonderfulStyleのペット保険特集。まずは《無料》で一括資料請求してみよう

この記事のライター

海野美規さん

このライターの最新記事

黒柴あんとスローな庭時間 Vol.04 (2016年4月22日)

黒柴あんとスローな庭時間 Vol.03 (2016年2月29日)

黒柴あんとスローな庭時間 Vol.02 (2015年12月03日)

黒柴あんとスローな庭時間 Vol.01 (2015年11月14日)

人気のキーワード

Wonderful Style 公式Facebook

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...