Wonderful Notes -犬好きのための配信コラム-

Wonderful Styleの連載ミニコラム『パリに住む犬』を執筆する、在仏フリーライター酒巻洋子さんが綴るWEBコラム。

About a Writer

酒巻洋子(Yoko SAKAMAKI)
在仏フリー編集ライター。2003年の渡仏より、パリの風景や犬を撮り続け、
「いつものパリ」(http://paparis.exblog.jp/)のブログ上で公開中。
秋田犬との日常写真は「ノルマン犬猫日記」(http://normanneko.exblog.jp/)で見られます。
「パリ犬」、「パリにゃん」(ともに産業編集センター刊)など、著書多数。

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.4

フランスのノルマンディー地方にある我が家は、猫2匹、ニワトリ約50羽、羊5頭、馬十数頭がいる大動物家族。そこに、秋田犬の子犬がやって来ることになりました。秋田犬とのフランス田舎暮らし、さて、どうなることでしょう。

子犬を迎えに片道4時間

私たちがブリーダー宅を訪れてから数日後、もう1匹の買い手が現れたとのこと。では、どちらの子犬にするかを決めなくてはいけません。結局、選んだのはファンファン一押しの体が大きい方。まあね、大型犬のため、行く行くはふっくらしているくらいがかわいいのは私も納得。それから待ちに待った約1カ月後、ようやく子犬を迎える日がやってきました。もちろん、再び片道4時間かけてノール=パ・ド・カレー地方に行かなくてはいけません。

生後2カ月の大きな子犬

ブリーダー宅に着いて再度出迎えてくれたのは、やっぱり両親犬の吠え声。ごめんね、今日は本当にあなたたちの子犬をもらいに来たのです。両親犬と一緒に庭で遊んでいたのは、1カ月前と比べると、大きさが2倍くらいに成長している子犬。すでに成年の小型犬くらいの大きさにびっくりです!よりたくましくなった脚に、尻尾は背にちゃんと巻いているし、子犬らしい特徴といえば、まだ耳が垂れていることくらい。もう1匹の姉妹は新しい飼い主の元に出発してしまった後だったのですが、この時点で私たちが選んだ子犬の方が900gも体重が重かったそう。

子犬売買のための必要書類

さて、売り手であるブリーダーさんですが、出身はポーランドとのことでフランス人とは異なり(笑)、とても几帳面なお方。アマチュアといえども、すでにブリーダー経験があり、さまざまな書類を用意していてくれました。まずは、子犬の売買証明と獣医による犬の健康状態の証明書、そしてEUの犬用パスポート。すでに子犬にはマイクロチップが装填され、第1回目のワクチンも注射済み。パスポートには、登録番号やワクチン歴が記載され、これさえあれば、国外へも一緒に旅行ができるのです。

さあ、一緒に我が家へ帰ろう

さらには、今後行うべきワクチン&駆虫薬のスケジュール、そして秋田犬の飼い方マニュアル&アドバイスまで作られているではありませんか!これらの書類とともに、簡単なレクチャーまでしてくれる徹底ぶり。でもそろそろお別れの時間です。さあ、ノルマンディーの新しい家へ向かいましょう。嫁入り道具として、両親犬の匂いが付いたお気に入りのニワトリのぬいぐるみを携え、車に揺れること4時間。1回トイレ休憩をし、途中にある知人宅にも立ち寄りながら、深夜零時にようやく帰宅。車中での子犬の粗相はまったくなく、幸先がとてもよろしいようです!

(更新:2015年11月20日)


Wonderful Notesの更新情報をお届け!公式Facebookも「いいね」お願いします。

Wonderful Style 公式Facebook

ホーム

最新トピックス

編集部おすすめ

しつけ・育て方

健康・病気

グルメ・フード

グッズ・サービス

住まい

ライフスタイル

おもしろ雑学

写真・動画

学び・感動

ブログ・コラム

Wonderful Style編集部
オススメ記事

犬が人間の顔や口をなめる意味とは?

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.5

見逃していませんか?愛犬からの愛情表現

なでると犬が喜ぶ体の部分とは?

テヘペロッみたい?わんこのハナペロの意味

-PR-
WonderfulStyleのペット保険特集。まずは《無料》で一括資料請求してみよう

この記事のライター

酒巻洋子さん

このライターの最新記事

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.8

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.7

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.6

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.5

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.4

人気のキーワード

Wonderful Style 公式Facebook

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...