Wonderful Notes -犬好きのための配信コラム-

献血に行こう!

(Writer : Mimikko)

犬の献血って聞いたことがありますか。人間と同じように、輸血を必要としている犬がいます。ここでは「犬の献血」について紹介します。

犬の血液事情

日本では動物の血液バンクは法的には認められていません。ですから、動物病院が輸血用の血液を用意しなければなりません。供血犬・猫を飼育している病院は少なく、供血犬を募集して血液を集めています。

輸血が必要なケースって?

出血が多く予想される手術、事故による外傷、貧血など、早急な対応が迫られるケースがほとんど。輸血を待っている犬はとても多いのです。1匹でも多くの命を救うために、少しでも多くの方に献血に興味を持って欲しいですね。

献血ができる犬の条件は?

「日本動物高度医療センター」の例を挙げると、年齢は1-7歳、体重が20kg以上で、狂犬病予防接種、混合ワクチン接種をしていて、毎年フィラリア予防がされている健康な犬が対象です。そして、献血の際に慌てない穏やかな性格の犬が望ましいそうです。体重規定は、各病院によって違うようですから、気になる方は問い合わせてみるといいと思います。

献血ができない犬もいるの?

上記の条件をクリアしていても献血ができない場合があります。大まかに言うと、過去に輸血を受けたことがある、妊娠・出産したことがある、秋田犬である、などが挙げられます。このほかにも過去の病歴によっても献血ができません。病院に輸血を相談しに行く際は、過去の病歴をメモして持参するといいでしょう。(※秋田犬は赤血球細胞内のカリウム濃度が高いため供血に不適とされている)

献血の流れは?

病院に予約を入れ来院、カルテを作成してもらいます。そして、身体検査・問診を行います。ここまでは通常の受診と変わりませんね。ここで問題がなければ少量の血液を採取し、血液検査を行います。その後、血液検査にパスすれば、献血です。もちろん、献血終了後、帰宅できます。


犬の献血、いかがでしたでしょうか。多くの病院では、必要な血液を確保するためにドナーを募集していますから、興味を持たれた方はぜひお問い合わせを!

参考文献・URL

日本動物高度医療センター
http://www.jarmec.jp/bloodbank.html

ワンダフルライター

Mimikko
海外・国内の犬に関する情報をお届けします。


Wonderful Notesの更新情報をお届け!公式Facebookも「いいね」お願いします。

Wonderful Style 公式Facebook

ホーム

最新トピックス

編集部おすすめ

しつけ・育て方

健康・病気

グルメ・フード

グッズ・サービス

住まい

ライフスタイル

おもしろ雑学

写真・動画

学び・感動

ブログ・コラム

Wonderful Style編集部
オススメ記事

犬が人間の顔や口をなめる意味とは?

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.5

見逃していませんか?愛犬からの愛情表現

なでると犬が喜ぶ体の部分とは?

テヘペロッみたい?わんこのハナペロの意味

-PR-
WonderfulStyleのペット保険特集。まずは《無料》で一括資料請求してみよう

人気のキーワード

Wonderful Style 公式Facebook

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...