Wonderful Notes -犬好きのための配信コラム-

気温だけではなく湿度にも気を配りましょう!

(Writer : Saiko Nakajima)

初夏から夏にかけては湿度が急激に上がってきます。気温が低く涼しい早朝でも、湿度が高いと熱中症になりやすくなります。熱中症にならないためには、気温だけでなく湿度にも気を配りましょう。

犬が快適に過ごせる湿度は何%?

犬が快適に過ごせる湿度はおよそ40%~60%と言われています。湿度はこれより低くても高くても快適に過ごす事ができません。部屋の中ではエアコンで湿度をコントロールする事もできますが、冬場の暖房は湿度が急激に下がってしまう事も。また梅雨のシーズンは気温が低い早朝でも湿度はとても高いので、散歩に出る前に湿度をチェックし、湿度の高い日は無理させないようにしましょう。

湿度が高いと起こる現象

・ダニやカビが発生しやすくなる
・熱中症になりやすくなる
・耳や皮膚の炎症を起こしやすい

※一般的に湿度が60%以上になるとカビやダニが発生しやすくなると言われています。

湿度が低いと起こる現象

・犬の体からフケがでやすくなる
・呼吸器系の異常が出やすくなる
・乾燥による脱水症状が起こりやすくなる

※湿度が低いと乾燥してのどが渇いてくるので、脱水症状が起こりやすくなります。

湿度対策のポイント

犬は湿度が高いとパンティングによる蒸散作用がうまくできず、体温が上がって熱中症になりやすくなります。こまめに換気をしましょう。素早く換気を行いたい時は、扇風機を回して室内の空気を外に出す様にするといいでしょう。換気は晴れた日にするのもポイントです。


お散歩に出る時は湿度のチェックも忘れない様にしたいですね。湿度チェックをしないでお散歩に出たらその日は湿度が95%以上あり、愛犬がお水をたくさん飲んでも辛そうにしている時がありました。すごく反省しました。それ以来いつも湿度をチェックするようになりました。

参考文献・URL

【獣医師が解説】人間にとって不快な湿気は犬猫にとっても不快なの?
http://pet-seikatsu.jp/articles/66100

猛暑時の犬のお散歩について
http://wankoukiuki.blog106.fc2.com/blog-entry-637.html

熱中症に気をつけよう!
http://www.dogsignal.com/summer.htm

ワンダフルライター

中島彩子
シベリアンハスキーのルナ♀と自然豊かな草薙で日々のんびりと暮らしています。
とっても明るい性格のルナとの生活は笑いにあふれています。


Wonderful Notesの更新情報をお届け!公式Facebookも「いいね」お願いします。

Wonderful Style 公式Facebook

ホーム

最新トピックス

編集部おすすめ

しつけ・育て方

健康・病気

グルメ・フード

グッズ・サービス

住まい

ライフスタイル

おもしろ雑学

写真・動画

学び・感動

ブログ・コラム

Wonderful Style編集部
オススメ記事

犬が人間の顔や口をなめる意味とは?

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.5

見逃していませんか?愛犬からの愛情表現

なでると犬が喜ぶ体の部分とは?

テヘペロッみたい?わんこのハナペロの意味

-PR-
WonderfulStyleのペット保険特集。まずは《無料》で一括資料請求してみよう

人気のキーワード

Wonderful Style 公式Facebook

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...