Wonderful Notes -犬好きのための配信コラム-

食中毒に気をつけて!

(Writer : C.A)

高温多湿の時期に気をつけたい食中毒などの細菌感染は人も犬も同じです。

多湿の季節が一番危険


食中毒は年中起こる可能性があるのですが、梅雨の時期から高温多湿の環境になるため食中毒が起こりやすい状況になります。細菌類が最も好むのが「湿気」です。梅雨の時期から細菌繁殖に適した条件が整いやすくなるため特に注意が必要です。

ドライフードの注意


ドライフードの水分率は10%以下と少なく、一見細菌繁殖とは無縁のようですが、保管方法によっては細菌繁殖の原因になります。ドライフードは開封直後から空気に触れ劣化が始まります。室内の湿度が高くその水分をドライフードが吸うことでカビが発生したり、腐敗してしまう恐れが出てきます。また、冷蔵庫保管の場合も、開け閉めによる温度変化から結露が発生し、水分率が上がってしまうことがあるため注意が必要です。

ドライフードの保管方法は


ドライフードはきちんと空気を抜いたり、密閉容器に入れて保管するなど湿気を排除し、直射日光が当たらないことはもちろん、保管場所の温度や湿度にも気を配りましょう。また、開封したドライフードは30日以内に食べきるようにしましょう。

手作りフードの注意


毎食手作りの方もいると思います。その場合は人と同様、食材の鮮度が良い状態のまま食べきるようにします。冷凍している場合も長期保管は酸化が進むので気をつけましょう。また、生食の物は特に注意が必要です。軽く熱を加えるなど工夫してあげましょう。調理環境も定期的に掃除をして清潔に保つことも大切です。

食器にも注意


犬が使った後の食器って独特の「ヌメリ」がありますよね。これは「バイオフィルム」と呼ばれる細菌性の膜で、犬の唾液で増殖した細菌から作られます。このヌメリをしっかりと洗い流すことも大切です。使用後の食器は、洗う前に布で拭きヌメリをとったり、犬の唾液がアルカリ性なので酸性の酢水でしっかりと洗い流すなど工夫をし、ヌメリが無くなるまでしっかりと洗い流しましょう。

万が一食中毒になってしまったら


気をつけていても、万が一食中毒になった場合「嘔吐」「下痢」などの症状が出ます。この症状は、体内の毒素を体外へ排出しようとする生理作用のため、無理に止めない方が回復は早いと言われていますが、必ず獣医さんの診察を受けるようにしましょう。


何かと不調が出やすい季節の変わり目。食中毒もしっかり予防し愛犬の体調管理をしていきましょう。

参考文献・URL

犬の食中毒
http://dog.han-be.com/



Wonderful Notesの更新情報をお届け!公式Facebookも「いいね」お願いします。

Wonderful Style 公式Facebook

ホーム

最新トピックス

編集部おすすめ

しつけ・育て方

健康・病気

グルメ・フード

グッズ・サービス

住まい

ライフスタイル

おもしろ雑学

写真・動画

学び・感動

ブログ・コラム

Wonderful Style編集部
オススメ記事

犬が人間の顔や口をなめる意味とは?

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.5

見逃していませんか?愛犬からの愛情表現

なでると犬が喜ぶ体の部分とは?

テヘペロッみたい?わんこのハナペロの意味

-PR-
WonderfulStyleのペット保険特集。まずは《無料》で一括資料請求してみよう

人気のキーワード

Wonderful Style 公式Facebook

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...