Wonderful Notes -犬好きのための配信コラム-

愛犬を愛するからこそ陥りやすい闘病入魂症候群に注意!

(Writer : Saiko Nakajima)

「闘病入魂症候群」とは、大切な人やペットが治療が難しい病気になってしまった時、なんとか治してあげたいと思うあまり、看病する側が病気の事で頭が一杯になってしまうこと。もしあなたの愛犬が病気になってしまったら、なんとしても治してあげたいと思いますよね。あちこちと色々な治療方法を探し回ったり、体にいいサプリメントをたくさん買いこんだり・・・でもちょっと待って。それよりも大切な事があるんです。

愛犬が闘病中に望んでいる事

愛犬が一番望んでいる事は、少しでも長く大好きな飼い主さんと一緒に過ごす事なのです。もちろん寿命を少しでも長く延ばしてやる事はとても大切な事です。でも愛犬の気持ちになって考えてみると、少しでも楽しい時間を過ごさせてあげることが一番大切なんです。 病気の事で頭がいっぱいの状態で、愛犬との時間があっという間に過ぎてしまったら・・・そんな悲しい事にならないように、愛犬が最後まで幸せな一生を送れるようにできるだけそばにいてあげましょう。

病気のペットとの接し方

愛犬が病気になる事はとても悲しい事です。でも飼い主さんの不安な気持ちは、そのまま伝わってしまい、病状を左右してしまうかもしれません。そこで、病気のペットとの接し方を考えてみたいと思います。

病気のペットとの接し方

自分を責めない。ペットが病気になった事を自分の落ち度があったと考えない。動揺しない。動揺はペットを不安にさせてしまいます。ペットが今まで一緒にいてくれた事に感謝しながら接していくようにしましょう。ペットの自己治癒力を信じる。ペットの自然治癒力を信じていく事で、ペット自身の自己治癒力を高めていく事ができるそうです。


闘病中の飼い主さんの精神状態がそのままペットに伝わっていきます。これは飼い主さんがしっかりしないといけませんね。ペットは人間以上に敏感ですからね。

参考文献・URL

獣医師・宿南章の「愛犬の病気を治す進化犬学 リスクを防ぐ予防原則」
http://ameblo.jp/shukunami-vet-pet/entry-11913798182.html

シニア犬のケアと心構え
https://www.youtube.com/watch?v=RtYbVpipBPU#t=42

飼い主さんの感情は飼い猫や飼い犬に影響する? 病気の犬や猫を元気づける接し方
http://pet-seikatsu.jp/articles/17859

ワンダフルライター

中島彩子
シベリアンハスキーのルナ♀と自然豊かな草薙で日々のんびりと暮らしています。
とっても明るい性格のルナとの生活は笑いにあふれています。


Wonderful Notesの更新情報をお届け!公式Facebookも「いいね」お願いします。

Wonderful Style 公式Facebook

ホーム

最新トピックス

編集部おすすめ

しつけ・育て方

健康・病気

グルメ・フード

グッズ・サービス

住まい

ライフスタイル

おもしろ雑学

写真・動画

学び・感動

ブログ・コラム

Wonderful Style編集部
オススメ記事

犬が人間の顔や口をなめる意味とは?

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.5

見逃していませんか?愛犬からの愛情表現

なでると犬が喜ぶ体の部分とは?

テヘペロッみたい?わんこのハナペロの意味

-PR-
WonderfulStyleのペット保険特集。まずは《無料》で一括資料請求してみよう

人気のキーワード

Wonderful Style 公式Facebook

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...