Wonderful Notes -犬好きのための配信コラム-

もしもの時に備えて、今大切なペットのために。

(Writer : Saiko Nakajima)

本来、大切なペットを終生飼育(生涯養う、最後までお世話をする)できるのが一番ですが、飼い主さんがもしもの時や災害などで飼えなくなってしまうことを100%避けることはできません。飼い主を失ったペットは行き場がなくなり悲しい結末になることも考えられます。そこで、ペットのために今からできることをしておきましょう。

事前の準備が大切です

まずやるべきこととしては、何かの事情でペットを飼えなくなった時のために、自分のペットのことを知ってくれている人・気にかけてくれる人をつくっておきましょう。とはいっても緊急事態になってからいきなり頼んでも、急な環境変化はペットにとって大きなストレスになってしまいます。元気なうちから信頼できる人とのつながりを作って、普段からペットも一緒に交流する機会をつくって、安心できる人である事をアピールしておきましょう。

ペットのエンディングノートのすすめ

新しい引き取り先ができた時にも、愛犬が快適に過ごせるようにするため、ペットのエンディングノートにはこのような内容をできるだけ詳しく書いておきましょう。

1.ペットの基本情報 名前 生年月日 性別 種類 登録番号
2.エサ( 量 回数 など)
3.性格やクセ、好きな事嫌いな事など
4.お散歩の回数
5.かかりつけの動物病院、加入しているペット保険
6.病気やアレルギーの有無など (処方されている薬の種類や去勢・避妊手術有無など)


ペットを飼うということは、最後まで自分が面倒をみるという覚悟と計画は必要です。しかし、どうしても面倒をみることができなくなったときのための準備も大切です。人が大好きな性格に育てる事も必要かもしれませんね。

参考文献・URL

終活、ペットのためにできること
http://終活エンディングノート.biz/pet.html

もしもの時のペットのエンディングノート。自分の相続よりも心配?
http://simple-tax.jp/2015/10/28/pet-endingnote/

ワンダフルライター

中島彩子
シベリアンハスキーのルナ♀と自然豊かな草薙で日々のんびりと暮らしています。
とっても明るい性格のルナとの生活は笑いにあふれています。


Wonderful Notesの更新情報をお届け!公式Facebookも「いいね」お願いします。

Wonderful Style 公式Facebook

ホーム

最新トピックス

編集部おすすめ

しつけ・育て方

健康・病気

グルメ・フード

グッズ・サービス

住まい

ライフスタイル

おもしろ雑学

写真・動画

学び・感動

ブログ・コラム

Wonderful Style編集部
オススメ記事

犬が人間の顔や口をなめる意味とは?

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.5

見逃していませんか?愛犬からの愛情表現

なでると犬が喜ぶ体の部分とは?

テヘペロッみたい?わんこのハナペロの意味

-PR-
WonderfulStyleのペット保険特集。まずは《無料》で一括資料請求してみよう

人気のキーワード

Wonderful Style 公式Facebook

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...