Wonderful Notes -犬好きのための配信コラム-

犬の味覚のルーツは肉食にあり

ドッグフード、ご褒美のおやつなど、飼い主は愛犬のために必死に食べ物を選びます。私たちと彼らの味覚に、違いや特徴はあるのでしょうか。

味を感じる細胞は人間の5分の1


私たち人間が食事をして「おいしい」「まずい」と感じることができるのは、舌の表面に「味蕾(みらい)」という器官があるからです。実は「味蕾」は、犬の舌にもあります。ただし人間は約1万個、犬は約2,000個で、私たちの5分の1しかありません。5分の1の細胞で、彼らはどのように食事を味わっているのでしょうか。

犬が感じる甘味・酸味・苦味・塩味


犬の感じる味覚は次の通り。甘味=最も味蕾の数が多く敏感です。人工甘味料より、果物に含まれる果糖、牛乳・乳製品に含まれる乳糖が大好きです。酸味=2番目に敏感なのが酸味。これは果物などが時間経過とともに腐っていくと酸度が高まっていくことから、腐敗を見分けるために発達しました。苦味=あまり気にしていないようです。ただ、自然界で苦味というのは毒がある場合があるため、吐き出すなどの反応をするようです。これを使ってしつけ用の遊び道具に苦味を感じるエキスが使われていることがあります。塩味=塩分を感じる味蕾が全体的に欠けています。塩分を感じにくいのは、人間と比べて塩分が不要な動物だから発達しなかったと考えられています。また、犬が野生環境にいた際、肉を食べるときに血液なども取り込んだことに関係があるようです。(獲物の血液内に塩分が含まれているため)

雑食に進化した犬


味蕾の数や塩味のように欠落した味覚などからわかるように、犬は人間と同じように食事を味わうことはできません。理由は、彼らが自然界で生きてきた肉食動物である歴史にあるのではないでしょうか。生で食べたり、汚れたりした獲物を食べて生きてきた彼らは、「マズイ」と感じる食べ物であっても、腐っている「酸味」を感じなければ、生きるために食べていたのでしょう。「それならなぜ甘味を感じるの?」と思われるかもしれません。犬が雑食の動物として変化する過程の中で、肉などだけでなく、果実や穀物も食べる必要があるため、甘味が特化していったのかもしれません。


参考文献・URL

犬の舌・味覚
http://www.koinuno-heya.com/zukan/taste.html

犬猫の味覚について
http://www.kobe-flanders.com/column/column4.php


Wonderful Notesの更新情報をお届け!公式Facebookも「いいね」お願いします。

Wonderful Style 公式Facebook

ホーム

最新トピックス

編集部おすすめ

しつけ・育て方

健康・病気

グルメ・フード

グッズ・サービス

住まい

ライフスタイル

おもしろ雑学

写真・動画

学び・感動

ブログ・コラム

Wonderful Style編集部
オススメ記事

犬が人間の顔や口をなめる意味とは?

秋田犬とフランス田舎暮らし vol.5

見逃していませんか?愛犬からの愛情表現

なでると犬が喜ぶ体の部分とは?

テヘペロッみたい?わんこのハナペロの意味

-PR-
WonderfulStyleのペット保険特集。まずは《無料》で一括資料請求してみよう

人気のキーワード

Wonderful Style 公式Facebook

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...